現在の位置:ホーム > ジオサイト > たび重なる火山活動「本宿陥没」と「妙義火山」

たび重なる火山活動「本宿陥没」と「妙義火山」

 当地域の西方、本宿を中心としたエリアでは950万年前、直径10kmにわたり大陥没が発生(図の黄色で示した部分)、現在の阿蘇のようなカルデラ盆地が形成しました。その後盆地内では、多数の火山が生まれ、その噴出物で埋め尽くされました。そして700万年前大規模な火山爆発により2度目の陥没(図のオレンジで示した部分)が発生しました。
 その後、600万年ごろにはこの地域の火山活動は終了し、やがて火山活動は北東の妙義
に移って行きました。
 富士山や浅間山などの火山は噴火し続けることで、裾野を広げた山の形を保ちます。しかし、噴火活動をせず、何万年も何十万年もたつとどんどん削られてしまい、現在の妙義山や「じぃとばぁ」のような奇岩・奇勝を生み出すのです。

荒船山

荒船山 周辺には険しい山々があり、その中に山頂が平らな山「荒船山」が浮き出ており、それがまるで荒れた海に浮かぶ船のように見えることからこの名前がつきました。
 山頂が平坦なのは、700万年前の火山活動で地面に平らに流れた「荒船溶岩」が残ったものだと考えられています。
 荒船山登山道では、「荒船溶岩」が流れるまでの火山活動のストーリーを垣間見ることができます。

詳細マップへ(Googleマップ)

阿唱念の滝

阿正念の滝 落差12m程の美しい滝を作っている阿唱念の滝は、周りの岩石とは硬さが異なるため、このような絶壁が滝を作っています。これは大規模な火山活動によって火山灰がまだ熱をもった状態で大量に降り積もり、その熱で溶けて固まったので、非常に固結しているのです。

詳細マップへ(Googleマップ)

じぃとばぁ

じぃとばぁ 下仁田の西牧と呼ばれる地域は山の上に巨大な石仏のようなものがいくつか立っています。これは「じぃとばぁ」と呼ばれており、実際に人の顔のように見えます。
 これらは、火山の噴出物が長い年月をかけて風雨に削られ奇岩となりました。

詳細マップへ(Googleマップ)

妙義山

妙義山 日本三大奇勝の一つ「妙義山」は群馬県を代表する赤城山・榛名山と合わせ上毛三山と呼ばれています。妙義山は、周辺の丘陵地帯に突然屏風のような壁がそり立つような山で山肌がごつごつしているのが特徴です。この妙義山は、600万年前に活動した火山から噴き出た火山噴出物が長い年月雨風に削られることで現在のような山容になりました。見る人を圧巻させるこの妙義山は登山の人気スポットでもあります。また、春には桜、秋にはもみじがそれぞれ美しく、妙義山の魅力を引き立てています。

詳細マップへ(Googleマップ)

石門群

第一石門 第四石門

 妙義山には、自然が作り出した不思議な光景が広がっています。それらは、大砲岩やローソク岩などと呼ばれておりますが、中でも人気が高いのは石門です。最大のもので直径20mもある石門もあり、大小合わせると4個の石門があります。この石門は自然が作り出したもので、なぜこのような石門ができたのかはよくわかっていません。
この石門や大砲岩については、石門散策コースで全て回ることができます。散策道は整備されており、登山初心者でも気軽に行くことができます。周囲をよく見ながら歩くと、もしかしたら石門形成の謎が解けるかもしれません。